スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

タックルが養子へやってきた。

最近、タックルが養子へやってきました!

CIMG1722.jpg
Daiwa HEARTLAND 白疾風
村上晴彦がベイトの岸釣竿として、現時点でのベストパフォーマンスを追求した作品。もっとも使用頻度の高いバーサタイルなロッドとしての活躍をイメージしている。白にこだわったのも伝統を磨きあげる感覚だが、すっかり定着したようだ。
メモリアルナンバー04白疾風と違うところは、ややソフトになったところ。04モデルの硬さは、例えば琵琶湖でクランクベイトを遠投する釣りに必要だったのに対し、07モデルのソフトさはミドル~ショートレンジでの巻物系すべてを高次元にこなすというもの。つまり、全国のフイールドで遊んでもらえるという、釣り人のど真ん中を狙ったものである。
クランクやシャッド、ミノーのストレートリトリーブにおいて、ルアー本来の動きを忠実に引き出し、トゥイッチやジャーキングにもダート&ロールアクションをコントロールできるトップのしなやかさと粘り、そして全体的な張りとトルクを併せ持つ。04白疾風に比べ、贅肉を削いだ筋肉質ブランクに生まれ変わったことで、細かなルアーの操作性とロッド全体を利用したトルクフルな引きを堪能でき、魚が暴れても余裕でいなすパワーを持ったモデルである。
村上晴彦がこだわったもうひとつの点は、10年以上持つロングライフな作り。それは単にヘビーデューティーというだけでなく、使えば使うほどコクが出る、味わいの深さを秘めているということ。竿作りにおいて、常にナンバー1よりオンリー1を目指す村上晴彦の真骨頂である。

02_photo_main.jpg
この人が村上 晴彦さん常吉ワームを作った有名な方です。結構、妄想アングラーで個人的にはお気に入りのおっさんです(笑)

CIMG1721.jpg
Daiwa STEEZ 7011HFB-SV HARRIER(ハリアー)

日本のバスフィッシングの歴史において、7フィートロッドという新しいスタンダードを創り上げ、流れを変えた記念碑的モデル。この長さにおける軽さとパワーは、まさに革命的といえ、それを成し得たのは世界に誇るダイワの技術開発力。そんな意味で、ハリヤーは永遠に語り継がれるモデルといってよい。
そのハリヤーがSVF COMPILE-Xを身にまとって生まれ変わり、究極と呼ぶに相応しい研ぎ澄まされた感度を実現した。持ち前の金属的なフッキング性能も一段と磨きをかけられたが、同時に相反する粘り感をも併せ持つ。それこそが新たに一から設計し直したHARRIERの真骨頂。操作性もさらに向上して、ロングディスタンスによるピッチングや、キャスティング能力がさらにレベルアップ。従来よりも軽いルアーまでこなすようになった。幅広いルアーに対応できることも、支持される理由だろう。


このロッドは某部長からニッシーが物々交換で譲り受けたのですが、実は魂入れしちゃったのは僕なんです。今回、彼がNEWタックル購入資金の為に僕のところに舞い戻ってきました。
12759736354c0dd0036ccc7_import.jpg
そん時の黒ソイ。

そしてもう1つは!!!
CIMG1728.jpg
Daiwa ZILLION HLC (HYPER LONG CAST)
巻ける快感に、飛ばせる快感が加わった。これは遠投派のアングラーにとって、絶対要チェック。

比類なきボディ剛性から生み出されたパワーとスピードで「巻けるリール」として好評の『ZILLION(ジリオン)』に「超遠投チューニングモデル」がラインアップ。
新ブレーキセッティング、マグフォースZ・ロングディスタンスチューンにより、バックラッシュを防ぎ、フルキャストすればするほど飛距離が伸びる驚愕のロングキャストを実現。
20%軽量化されたスプールがルアーのトップスピードを上げるため、フルスイングでの超遠投が可能となった。さらにカーボンハンドルアームやアルミギヤシャフトの採用でトータルウエイトも210gにシェイプアップ。

・思い切り振り込める新ブレーキセッティングの採用。フルキャストすればするほど飛距離が伸びる「マグフォースZ・ロングディスタンスチューン」が施された。これはキャスト時における、初速を稼ぐ時点でのバックラッシュを防ぎ、しかも後半の伸びを実現する。
・ノーマルのジリオンに対して20%も軽量化されたスプールを採用。ルアーのトップスピードを上げてくれ、軽いスナップキャストでも遠くに、しかもも正確にルアーを運んでくれる。ロングアプローチが求められる今の釣りには絶対的なアドバンテージ。
比較的軽いルアー守備範囲に収められるようになった。
・カーボンハンドルアームやアルミギヤシャフトを採用し、トータルウェイトも210gにシェイプアップ。ジリオンの良い部分は残しつつ軽量化を図ったのも、遠投性能をとことん追及してのこと。剛性を生かしつつ、軽量化が図られたことで、一日中フルキャストする釣りでも疲れ知らずで集中力を持続できる。


僕のところには中古品が本当に集まります。正直、新品のものって少ないかもしれないですw個人売はオークションと違ってモノに直接触れるし僕は結構してます!!


これから暖かくなっていたら活躍してくれそうです!!!

あっしばらく出番のなかったDaiwa フリームスKIX2000にカルディア2004のスプールを付けてみました!!
CIMG1726.jpg
名付けてフリーディアKIX2004

一応、Real Fourなので使いやすいですよ、なんていうかシルキーな巻き心地です♪
スポンサーサイト
.21 2011 ブログ comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cherryboyz19.blog101.fc2.com/tb.php/219-4e8a5117

プロフィール

谷やん☆

Author:谷やん☆
函館近郊の旬な釣りを楽しんでます。基本的にルアーフィッシングのみの釣行です。このブログを通じて色々な方と交流を持ちたいです。基本的に楽しいことが大好きなので、皆様の釣りのお誘いお待ちしてます!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。